18歳選挙権にひそむ3つの落とし穴 〜主権者教育講座〜

hole-935446_640
LINEで送る
Pocket

18歳選挙権にひそむ3つの落とし穴 川上和久研究所 所長 講演

2016年参議院選挙から18歳選挙権が実施されます。

はじめて選挙に臨むに際して注意すべき「3つの落とし穴」について説明していきたいと思います

1.無関心・無気感の落とし穴
2.センセーショナリズムの落とし穴
3.情報操作の落とし穴

第一の落とし穴:無関心・無気感の落とし穴

今の若い人は決して政治に無関心といわれますが、実はそんなことはありません。

専門的になりますが、政治有効性感覚に乏しいことが問題なのです。

政治有効性感覚とは何でしょうか。

まずは、日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツス、ウェーデンで13歳~29歳までの男女を対象にした調査をまずは見てください。

下の表は「今の自国の政治にどの程度関心があるのか?」に関する質問の回答です。

「非常に関心がある」・「関心がある」ではドイツが多い70%、日本・韓国も50%台です。

主権者教育が進んでいるスウェーデンより日本の割合は高く、決して国際的には低い方ではないです。

 

では日本の若者に際立った特徴はとはなんでしょうか。

「社会をよりよくするために社会における問題に関与したい」と答えるドイツは76.2%、しかし日本だけが44.3%と非常に低い値を示しています。

また、「将来の国や地域の担い手として積極的に政策決定に参加したい」についても日本だけが33.5%と非常に低い値を示しています。

 

日本の問題は、政治に関心はあるが、じぶんが積極手に関与しようという意識が薄いことなのです。

政治に無関心は問題だが、どうせ自分が動いても何もできないという無力感が問題なのです。

これが政治有効性感覚で、日本ではこの政治有効性感覚を高める必要があるのです。

 

第二の落とし穴:センセーショナリズムの落とし穴

センセーショナリズムとは、情緒的にあおって善悪二元論に落とし込むこと、熟慮による合理的判断を阻害してしまうことなのです。

ボストン虐殺事件

センセーショナリズム の例としては、アメリカがイギリスの植民地時代、の1770 年に起きたボストン虐殺事件があげられます。

税関での市民との小競り合いの際に、イギリス軍が市民に発砲最終的に5人が死亡した事件です。

独立派のアメリカの新聞社が、イギリス軍による大虐殺だと報じセンセーショナリズムをあおりました。

ボストンの大虐殺

 

当時アメリカは、植民地派と独立派がいましたが、この事件で独立派は勢いを増したといわれています。

そして、ボストンの虐殺事件がアメリカの独立戦争の一つの引き金になった言われています。

 

オリベッティ号事件

もう一つの例は、1898年スペインの植民地キューバで反乱時のオリベッティ号の事件です。

アメリカの汽船オリベッティ号に対するスペインの臨検で、アメリカの夫人が裸で身体検査するという辱めを受けたと、当時のアメリカのジャーナリズムがあることないこと書いたことを発端にした事件です。

その後、アメリカの商船が謎の撃沈、それを契機にマッキンリー大統領は事実が異なることを知りながらスペインとの戦争に突入した事件です。

オリベッティ号

 

センセーショナリズムは世論をあおって、時として戦争を起こすこともある劇薬でもあるのです。

 

第三の落とし穴:情報操作の落とし穴

第三の落とし穴は、意図的に若者が政治教育された歴史を背景にしています。
そしてこのような情報操作は今でも行われています。

ヒットラーユーゲント

最初の例は、第二次大戦のヒットラーユーゲントです。

1936年、ヒットラーは、ヒットラーユーゲント法を定めました。

この法律は、青少年の全員参加、ナチの放送や関連書籍の朗読会への参加を義務付けました。
ヒトラー・ユーゲント

 

紅衛兵

二番目の例は、中国の紅衛兵です。

毛沢東は自ら進めた大躍進運動が失敗した際、失脚を恐れ紅衛兵を使って政敵を追い落とました。

全国の紅衛兵に呼びかけ「半革命分子」を粛清し、文化大革命の名の元に反対勢力を追いやりました。

最後は自分でも紅衛兵をコントロールできなくなり、人民解放軍を使って鎮圧することになります。
紅衛兵 (2)

イスラム国の少年兵

三番目の例は、イスラム国の若い少年兵の洗脳です。
イスラム国は、捕虜を若い兵士が処刑する動画を公開しています。
私たちは残忍なテロリストと思うが、イスラムの正義のために行動しようと思う少年たちが中にはいることがイスラム国の専横教育の狙いです。

まとめ

今回は18歳選挙権の3つの落とし穴について説明しました。

1.無関心・無気感の落とし穴
2.センセーショナリズムの落とし穴
3.情報操作の落とし穴

このような落とし穴に陥らずに民主主義社会の中で、有権者として一票を投じてほしいと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です