ご挨拶

apple-256261_640
LINEで送る
Pocket

18歳選挙権が2016年7月の参議院議員選挙から導入されます。

1946年、日本国憲法が公布され、20歳選挙権が導入されて以来、70年ぶりの大改革です。

世界の9割の国は「18歳以上」。

これで日本も世界の仲間入りとなる。

 

ところが2014年12月衆議院議員選挙での20代投票率は32%にしかすぎませんでした。

民主主義社会における選挙での投票は原点であり、権利であるとともに義務でもあります。

日本は、民主主義の危機ともいえる状況にあるのです。

18歳、19歳、そして20代は20年~30年もすれば日本の中核を担う、日本の担い手となる。

本サイトのねらいは、まずは日本の担い手となる若者に民主主義の原点である選挙・投票の大切さをわかってもらうことです。

そして、若者の投票率向上に寄与してまいりたい。

 

戦後日本では、学校や会社で政治や宗教の話をすることはタブー視されがちでしたが、本来、若者が、政治に関心を持つことは大変重要なこと。

本サイトでは具体的に、民主主義社会における主権者として、政治を自分ゴト化し、かしこい投票者として、どのように考え・行動していけば良いか参考となる動画や記事を無料で公開してまいります。

 

現在、既に、ケント・ギルバート氏や主権者教育の第一人者・西野偉彦氏らによる動画が掲載されています。

サイトの情報発信のほか主権者の会は、公立高校で定期的な主権者教育講演会も開催してまいります。

 

日本の未来を担う若者、そして学校等で主権者教育を実施する関係者の方々には、まずは本サイトをご覧いただき、ご活用願いたい。

主権者の会の活動にご期待ください。

chairman 川上写真

主権者の会

代表 志太勤

主権者教育研究所

所長 川上和久

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です